出産内祝い講座 > 出産内祝いに付ける命名札とは?準備する方法と書き方、デザイン

出産内祝い講座

マナー編

出産内祝いに付ける命名札とは?
準備する方法と書き方、デザイン

命名札とは、短冊状の命名紙に赤ちゃんの名前を書いた札のこと。古くは御七夜の際に赤ちゃんの成長を願って神棚や床の間に貼りつけていましたが、現代では赤ちゃんの名前のお披露目を兼ねて、出産内祝いに添えるのが一般的です。伝統的なしきたりだからこそ、きちんと知っておきたいですね。出産内祝いを贈る際にあわてることのないよう、事前に確認しておきましょう。ここでは、命名札の準備の方法や書き方などの基礎知識をご紹介します。

マナー編

出産内祝いに命名札は必要?

出産内祝いを贈るときに、命名札を添付しないと失礼になるの?そもそも命名札ってどんなもの?最初に知っておきたいポイントをまとめました。

命名札とは

短冊状の命名紙に赤ちゃんの名前を書いた札のこと。赤ちゃんの名前をお披露目するためのものです。親戚などの身内や知人の家に赤ちゃんが誕生すると、命名札をもらって家の目立つ場所に貼る地域もあります。そのような習慣のある地域の方に命名札を添えずに出産内祝いを贈ると、相手が戸惑ってしまう場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

命名札の基本マナー

命名札を貼る習慣があるのは、北海道など一部の地域です。送り先に慣習がない場合は、省略してもかまいません。命名札の代わりに、赤ちゃんの写真やお礼の文章を入れたメッセージカードなどを添えて、しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。命名札を添付する場合、のしの表書きにも赤ちゃんの名前が書かれているため両方に同じ名前が並ぶことになりますが、気にしなくても大丈夫です。のしの右上に添付しましょう。

命名札

命名札の書き方とデザイン

実際に命名札を添付する場合、どのように書いたら良いでしょうか。書き方とデザインの選び方を具体的にご紹介します。

命名札の基本的な書き方

特に決まりはありませんが、命名札の中央に赤ちゃんの氏名を書きます。左側に生年月日を書く場合もあります。漢字の名前の場合には、ふりがなを振ると良いでしょう。赤ちゃんが双子や三つ子など2人以上の場合には、1枚の命名札に全員の名前を書くか、人数分の命名札を用意します。地域によって記載する内容が異なる場合があるため、両親など地域の風習に詳しい方に、送り先の慣習を確認しておきましょう。

命名札

デザインの例

上下に赤い線が入っているタイプが、最も一般的なデザインです。目上の方や年配の方など、伝統を重んじる方に贈る場合は、こちらのタイプを選んでおくと良いでしょう。カラフルな装飾のあるタイプや、お名前と一緒に赤ちゃんの顔写真がプリントできるタイプなどもあります。贈る相手に合わせてお選びください。

命名札を用意する方法

命名札が必要な場合は、どのように用意すれば良いでしょう。命名札をスムーズに、入手する方法をご紹介します。

自分で書くか、プリントする

インターネット通販などで命名紙を購入することができます。手書きタイプ以外にプリンター対応の命名紙もあるので、文字に自信がない方でも安心です。命名札のテンプレートを無料で利用できるWEBサイトもあります。赤ちゃんぽいかわいらしいデザインや伝統的な和柄など、いろいろな柄から選ぶことができます。

書いてもらえるサービスを利用する

「手書きをご希望の方だけど字に自信がない」という方には、毛筆やペンなどで命名札に名前を書いてもらえる筆耕サービスがおすすめ。その他、ハンドメイドアプリなどでも探すことができます。

命名札をつけられるところで贈り物を購入する

最もお手軽なのが、ギフトショップで命名札をつけてもらう方法です。贈り物を販売するショップの中には、命名札を無料でつけられるところがあります。命名札のデザイン、記載できる内容は決まっている場合が多いのでサービス内容を事前に確認しておくとスムーズです。

命名札の貼り付けも可能なベルネージュダイレクト

出産内祝い専門店のベルネージュダイレクトでは、命名札を無料で商品にお付けしています。また、のし紙やメッセージカードなど無料サービスが充実!この機会にぜひ、当社ギフトサイトをチェックしてくださいね。

ベルネージュダイレクトの特徴
豊富な商品展開

取扱商品は、1,700アイテム以上!ひとつひとつの贈り物に赤ちゃんの名前や生年月日をお入れする「名入れギフト」は定番人気の商品です。また、「名入れギフト」に先様のお好きな商品をお選びいただける「カタログギフト」を組合せた商品は、ブランドのお菓子をはじめ、日本酒やタオル、お米など各種ご用意、出産内祝いギフト専門ならではの豊富な品揃えです。その他、人気ブランドの焼菓子の詰合せ、定番人気のタオルギフト、ちょっとおしゃれなデザインの洗剤など幅広いジャンルの商品をバラエティ豊かに揃えています。プチプラギフトから高額商品まで商品の価格帯も各種ご用意!

税込2,500円以上で送料無料

1回のご注文でお届け先1ヵ所につき、2,500円以上(税込)ご購入の場合、送料が無料になります。2,500円未満(税込)の場合は、送料の一部として350円(税込)をご負担いただきます。1回のご注文で2個以上の商品をご注文の場合でも、同じお届け先の場合は、1個分の送料となります。

4種類のかわいい包装紙が選べる

出産内祝いとひとめでわかるベビー柄から、シンプルで上品なものまで、タイプの異なる包装紙を4種類ご用意しました。贈る品物やお相手ごとに、適したラッピングを選択いただけます。

のしのバリエーションが豊富

出産内祝いのほか、御祝・お返し全般、お中元・お歳暮、お見舞いなど用途に合わせて使い分けできる9種類ののしをご用意。出産内祝いでは、「内祝」と書かれた蝶結びの水引ののし紙をお選びください。品物にのしをかけてから包装紙で包む「内のし」か、品物を包装紙で包んだ上からのしをかける「外のし」が選べます。内祝いの場合は控えめな印象の「内のし」がおすすめです。内祝いは本来、「御礼」ではなく「おめでたいことや喜びをお裾分けする」という意味があるためです。

メッセージカードを無料でお付けできます

デザインパターンはオリジナルで100種類!かわいいものからシンプルなものまで幅広くご用意。赤ちゃんの写真入りのタイプとメッセージのみのタイプから贈る相手に合わせて選べます。「出産内祝い」「その他内祝い」「お祝い」など用途別の検索もOK!赤ちゃんのお名前や生年月日を入れるパターン、文章のみのパターンなど、文例も豊富にご用意しているので、作成ラクラク!もちろん、自由に文章を入力することもできるので、出産内祝い以外の用途にもお使いいただけます。
※メッセージカード作成には会員登録が必要です。

無料でつけられる命名札

命名札の慣習がある送り先にも対応するよう、無料でつけられる命名札をご用意しています。命名札はのしの右上に貼り付けます。
※商品によって命名札の形状が異なる場合があります。書体や文字色のご指定はできません。

命名札

命名札を無料でつけられるギフトショップでの購入が便利!

命名札は、短冊状の命名しに赤ちゃんの名前を書いた札のこと。地域によっては、出産内祝いに命名札を添える習慣があるところも。先様にその慣習がなければ省略し、出産祝いのお返しを送る際は赤ちゃんの名前入りののしをつけるだけで大丈夫です。また、最近は命名札の代わりに、写真やお名前、文章が入れられるメッセージカードを添えて、赤ちゃんをお披露目する方が増えています。
内祝いに命名札を添付する場合には、出産内祝い専門のベルネージュダイレクトのように無料で対応するギフトショップで購入するのが、負担が少なくお手軽です。

売れ筋ランキング

PAGE TOP