出産内祝い講座 > 出産内祝いの「のし」のマナー|水引や表書きはどれがいい?

出産内祝い講座

マナー編

出産内祝いの「のし」のマナー
水引や表書きはどれがいい?

お祝いをいただいた方に「ありがとう」の感謝の気持ちを込めて贈る出産内祝い。改まった贈り物には「のし(のし紙)」をかけるのがしきたりですが、「水引」という飾りひもの色や結び方には種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいがち。それぞれ意味があり、名前の書き方にもルールがあるので、失礼にならないよう注意しましょう。ここでは、出産内祝いののしの基本的な常識やマナー、大切なポイントをご紹介します。

マナー編

出産内祝いにつけるのしの基礎知識

フォーマルな贈り物にはのしをかけるのがしきたりですが、のしには元々どのような意味があるのでしょう。また、出産内祝いではどのような水引を選べばいいのでしょう。のしに関する疑問にお答えします。

のしとは

一般的にのしと言われているのは「のし紙」のこと。そもそも、「のし」とは漢字では「熨斗」と書き、のし紙の中央右上にある飾りを意味します。古くは薄く伸ばした熨斗鮑(のしあわび)を贈り物に添えて渡したことに由来します。現代では、水引とのしのデザインがプリントされた「印刷のし」が広く使われています。その他、色紙を細長い六角形に折りたたんだ「折りのし」や「ご祝儀袋」が使用されることもあります。「のし紙」ではのしは水引の右上に配置されます。

のし

(1)のし
お祝い事につけるもので、弔事用にはつけません
(2)水引
本来は贈り物を包むときに使うひものこと。主に「蝶結び」と「結び切」があります
(3)のし紙
「のし」と「水引」が印刷された紙のことを「のし紙」といい、一般的に「のし」という場合は「のし紙」のことを意味します
(4)のし上
表書きともいい、「内祝」や「御祝」など贈り物の用途を記載します
(5)のし下
名入れともいい、贈り主の名前を書きます。出産内祝いでは子供の名前だけを、通常の御祝等では、フルネームを記載します。

出産内祝いの水引の種類

出産は何度繰り返してもよいお祝い事なので、結び目がほどけてしまっても、また結び直せるという意味の「紅白蝶結び」ののし紙を使用します。「蝶結び」以外に、「花結び」と呼ばれることもあります。結婚の内祝いなど、何度も繰り返すことが望ましくない慶事や弔辞には一度結んでしまうとほどくのが難しい「結び切り」を使用します。

水引

のしを用意する方法

個人で用意する場合は、のし紙を購入し、のし上(表書き)やのし下に贈り主の名前を手書きしますが、近年では贈り物の購入先で、のし紙をかけてもらうことが一般的となっています。オンラインでギフトを購入する場合は、ベルネージュダイレクトギフトのように、のし紙をかける無料のサービスを行っているところもあります。

出産内祝いにつけるのしの書き方

出産内祝いでは、どのようにのしの表書きを書けば良いでしょうか。のし上、のし下それぞれの一般的なマナーをご紹介します。

のし上は「内祝」と「御祝」どちら?

出産内祝いの場合、のし上には「内祝」と書くのが一般的です。身内である両親に贈る場合は「御祝」と書いても良いでしょう。

のし下に書く名前は?

内祝いを贈る両親の名前ではなく、赤ちゃんの名前だけを書きます。これは、出産祝いをいただいた方に、赤ちゃんからの感謝の気持ちを表現するほか、名前をお披露目する意味もあります。漢字の名前には、読み方がわかるようふりがなを忘れずに振りましょう。双子や三つ子など赤ちゃんが2人以上複数いる場合は、生まれた順に右から名前を書きます。職場への出産内祝いなど、赤ちゃんの名前で贈るのがためらわれる場合には、姓でもマナー違反にはなりません。

のし下に書く名前

のしの掛け方

のしには、「外のし」と「内のし」があり、内のしは品物の上にのしをかけたもの、外のしは包装紙の上からのしをかけたものになります。どちらを選べばいいかわからない、という方に、それぞれの特徴をご紹介します。

内のし

贈り物にのしをかけた上から包装する内のしが、出産内祝いでは一般的です。内のしは相手に渡すときに表書きが見えません。そのため、渡す相手に贈答品の目的をアピールしすぎず控えめな印象となります。出産内祝いは相手を祝うのではなく、お祝いに対してのお返しのため、慎み深いイメージの内のしが好まれています。

外のし

贈り物を包装した上からのしを掛けるのが外のしです。外のしは相手に渡すときに表書きが見えます。ベルネージュダイレクトでは、のしを掛けた上からさらにクラフト紙で包装するため、配送中にのし紙が汚れる心配がありません。

内のし外のし

喜ばれる出産内祝いの贈り方

出産内祝いには、おめでたいお祝い事にふさわしい「紅白蝶結び」の水引ののし紙に、内祝と表書きし、下に赤ちゃんの名前だけを記入します。漢字の名前の場合にはふりがなを振ることもお忘れなく!職場などには名前ではなく苗字を記入しても問題ありません。
のしの掛け方は、商品にのしをかけた上から包装する「内のし」が、一般的です。出産内祝いは、お祝いをいただいたことに対する御礼のため、控えめな印象の内のしが好まれているからです。 遠方の方への郵送時には、のしをかけるだけではなく、メッセージカードを添付して、感謝の気持ちを表現すると良いでしょう。ベルネージュダイレクトギフトでは、100種類の中からお好きなデザインのメッセージカードを無料で作成できます。ぜひご活用ください。

売れ筋ランキング

PAGE TOP